伊賀医師会 健康だより

医療コラム

胸が痛んだことがありませんか?
 胸の痛みを主症状に、急激に生命をおびやかす重篤な疾患には急性心筋梗塞、解離性大動脈や肺塞栓症などがあります。中でも心疾患の代表である心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患が我が国においても増加しています。
乳幼児のタバコの誤飲に注意
 乳幼児は、目に触れたものはつかみ、つかめるものはすぐ口に入れます。生後七カ月以後になると、ハイハイも上手になって、移動の範囲も広くなり、タバコが無雑作に置かれてあると、それをつかみ、食べる事となります。タバコの誤飲は、身のまわりや部屋などの整理やあと始末の悪さが原因といえます。
アルツハイマー型痴呆
 痴呆は、生理的な物忘れとは異なり、脳実質の病気によるものです。痴呆と一口に言っても、原因疾患の治療により治る痴呆(甲状腺機能低下症、神経梅毒、アルコール脳症、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症など)と、完治する方法がないアルツハイマー型痴呆や血管性痴呆があります。
高脂血症について
 高脂血症とは、血液中のコレステロール値とトリグリセリド(中性脂肪)値のいずれか、または両方が基準値を越えているものです。基準値は、総コレステロール220mg/dl、トリグセリド150mg/dl(HDL「善玉」コレステロール40mg/dl以上、LDL「悪玉」コレステロール140mg/dl以下)と提唱されています。

  home