伊賀医師会 健康だより

高脂血症 back

 高脂血症とは、血液中のコレステロール値とトリグリセリド(中性脂肪)値のいずれか、または両方が基準値を越えているものです。基準値は、総コレステロール220mg/dl、トリグセリド150mg/dl(HDL「善玉」コレステロール40mg/dl以上、LDL「悪玉」コレステロール140mg/dl以下)と提唱されています。
 高脂血症は、一部の著明な高トリグリセリド血症にみられる膵炎を除いてほとんどが無症状に経過すると言われています。その治療目的は、放置しておくと将来発症する可能性の高い動脈硬化性疾患の発症予防であります。特に心筋梗塞や狭心症という虚血性心疾患の発症予防が最大の目的となります。
 症状がないからと云って放置されたままとなっていますと、ある日突然、心臓発作に襲われ、生命の危機にさらされることもあるのです。
 また、無症候性であるがゆえ、自分自身で高脂血症に気付く事はできません。検診などで、血液検査を受ける事によって、初めて見つかるわけです。
 高脂血症は、他の生活習慣病の高血圧や糖尿病(高血圧では頭痛など、糖尿病では口渇などの自覚症状を伴うこともありますが...)以上に、潜行して動脈硬化を発症、進展する可能性を秘めているわけです。
 日頃から、食生活や運動に気をつけ、積極的に検診などを活用し、異常値が認められたら、医療機関を受診するようにしましょう。

y.s. 

  home